田原総一朗責任編集 『オフレコ!』 vol.5

 田原総一朗
 発売日:2007年11月28日
 ISBN:978-4-7762-0456-5
 価格:890
 この本を購入する
田原総一朗 公式サイト

 アスコムからの内容紹介

 

『田原総一朗責任編集 オフレコ!』の第5弾! 今回は一冊まるまる宗教、「1億総ウツ時代の生き方、死に方」

常識は危険だ! 創刊号で渡邉恒雄氏から「靖国参拝反対!」を引き出すなど、大反響を呼んだ『オフレコ!』の第5号が完成。今回は今回は一冊まるまる宗教、「1億総ウツ時代の生き方、死に方」を特集。新聞やテレビのタテマエや感情論だけのつまらない正論をバッサリ、さらに充実した誌面で、本当の本音でニュースの裏側や本質を伝えていきます!

 著者プロフィール  

 

 目次  

一冊まるごと宗教! 大特集 1億総ウツ時代の生き方、死に方

●ウツの時代をどう生きるか 五木寛之 

●ただ聞いてあげればいいんです 瀬戸内寂聴 

●創価学会副会長に聞く! 宗教で悩みは解決しますか? 川田洋一(東洋哲学研究所長)×斉藤克司(総合教学部長)

●「死ぬ人」にできること、「生きる人」にできること 鎌田實(諏訪中央病院名誉院長)×高橋卓志(神宮寺住職)

●金儲けだけでは人間はバカになる! 儲けた後が肝心なんです 関口房朗

●大人気連載! オフレコ!匿名座談会 

●キリスト教と仏教、本当に役立つ読み解き方 佐藤優(作家)×上田紀行 (文化人類学者)

●天台宗大僧正に直撃! 日本の宗教、ここが大問題 堀澤祖門(天台宗叡山学院院長)

●日本の仏教は、仏教ではない!! アルボムッレ・スマナサーラ(スリランカ上座部仏教長老)

●ワシントン発 ジャパン・ウォッチャー匿名座談会  アメリカから日本はこう見えている!

●ありのままに見る、馬鹿者である。それが宗教である。 鎌田東二×町田宗鳳

●若手僧侶たちの本音トーク 何が何でも、ボーズ・ビー・アンビシャス!!

 

 抜粋  

  今回はこれまでとやや毛色を変え、1冊ほぼ丸ごと宗教特集を組んだ。

 五木寛之、瀬戸内寂聴、町田宗鳳、鎌田東二、堀澤祖門、佐藤優、上田紀行はじめ多くの人々が、「田原総一朗が宗教だって? そりゃおもしろい」と、快く取材や対談に応じ、仏教やキリスト教について、仏や神について、きわめて刺激的な話を語ってくれた。

 僧侶たちに「なぜ、葬式仏教なの?」とか、キリスト者に「なぜ、神さまなんて信じているんだ?」と、私はきわめてぶしつけな質問を繰り返したが、全員がとても真摯に本音で応えている。

 宗教者たちが抱く危機感は、きっと読者にも伝わるはずだ。同時に、混迷度をますます深める現代社会にあって、改めて宗教の意味や役割を問うことの大切さも、実感していただけるだろう。

 さまざまな論者の主張に、生きるためのヒントがたくさん詰まっている。読者はそれを見つけて、役立ててほしい。(「編集後記」より)

 

 Back Number

   オフレコ! vol.4 (2007年5月9日)

  オフレコ!別冊 〔最高権力の研究〕小泉官邸の真実 飯島勲前秘書官が語る!(2007年1月26日)

  オフレコ!別冊 〔永久保存版〕昭和史のカラクリ 戦争、天皇、靖国を徹底検証!(2006年12月13日)

 オフレコ! vol.3 (2006年8月3日)

 オフレコ! vol.2 (2006年2月15日)

 オフレコ! vol.1 (2005年7月14日)

 


戻る