ズバリ!先読み 日本経済

改革停止、日本が危ない!

 竹中 平蔵
  田原 総一朗
 発売日:2008年10月10日
 ISBN:978-4-7762-0526-5
 価格:1890
 この本を購入する
田原総一朗 公式サイト

 アスコムからの内容紹介

 

 

小泉・竹中改革が“諸悪の根源”か?

 

不況、格差、貧困、スタグフレーション……山積する日本の難題。

その“諸悪の根源”といわれる小泉・竹中改革の司令官が

日本経済の行方を緊急分析。

 

メリルリンチ合併、リーマン破綻、AIG救済等、

アメリカ発世界恐慌の影響で日本はどうなるのか?

 

田原総一朗が徹底追及する!!

 

 

 

 

 いまなら、お試し版を無料プレゼント中

 

     【お試し版はこちらから】

 

 

 

田原総一朗公式サイトを開設しました。

こちらにもぜひお立ち寄りください。

 

 

 著者プロフィール  

竹中平蔵●たけなか・へいぞう

1951年、和歌山県生まれ。

一橋大学経済学部卒業後、日本開発銀行、大蔵省財政金融研究所主任研究官、ハーバード大学客員准教授、慶應義塾大学総合政策学部教授等を歴任。

2001年に民間人として入閣、小泉内閣の経済閣僚として日本経済の「聖域なき構造改革」の断行を推進した。その間、2004年に参議院議員となる。2006年、小泉内閣終焉とともに議員を辞職。

現在、慶應義塾大学グローバルセキュリティー研究所教授、人材派遣会社パソナ特別顧問・アドバイザリーボード等を兼務。

著書に『研究開発と設備投資の経済学』(サントリー学芸賞受賞、東洋経済新報社)、『対外不均衡のマクロ分析(共著)』(エコノミスト賞受賞、東洋経済新報社)など多数ある。

 

 

田原総一朗●たはら・そういちろう

1934年、滋賀県生まれ。60年、岩波映画製作所入社、64年、東京12チャンネル(現テレビ東京)に開局とともに入社。77年にフリーに。テレビ朝日系『朝まで生テレビ!』『サンデープロジェクト』でテレビジャーナリズムの新しい地平を拓く。

98年、戦後の放送ジャーナリスト1人を選ぶ城戸又一賞を受賞。現在、早稲田大学特命教授として、「大隈塾」塾頭も務める。

『日本の戦争』(小学館)、『田原総一朗自選集(全5巻)』『日本の戦争 BC級戦犯 60年目の遺書』(アスコム)ほか著書など多数。雑誌『オフレコ!』(アスコム)の責任編集長としても活躍中。

 

 

 目次  

 

〈日本をよくする10の処方箋〉

 

1 日本をダメにする政府頼みからどう脱却するか

2 コンペティティブからコンピタントへ

3 人口減少社会こそチャンス

4 グローバル化が中小企業を強くする?

5 格差問題は補助金では解決しない

6 農地法と農協はなくなるべき?

7 東大を民営化すればすべてが変わる!

8 医者も患者もハッピーになる医療改革

9 最大のムダ公務員制度改革の断行を

10 一人当たりGDPを5年以内で世界10位に戻す

 

 

⇒こうすれば、日本は必ずよくなる!

 

 

 

 

 

 

 

 著者より  

 

 私はじつは今こそ、絶好のチャンスなのではないかと考えている。

たとえば原油価格は長く低価格で安定してきたから、

代替エネルギーの研究開発がなかなか進まなかった。

原油高騰を、逆にチャンスととらえる逆転の発想が肝心なのだ。

古いビジネスモデルにこだわり、前を向いて挑戦しないから、

後ろ向きの批判や悲観論しか出てこないのである。

そこで、竹中平蔵さんに、サブプライム問題で足許を大きくすくわれた

世界経済のこの先をどう読むのか、

スタグフレーション(不況下のインフレ)の猛威に晒された

日本経済はどうなるのか、

そして日本再生のためになにをするべきかを、

徹底的に問うた。

 

 

――田原総一朗

 

 

 


戻る