世界同時不況がすでに始っている!

 榊原英資
 発売日:2010年12月13日
 ISBN:978-4-7762-0650-7
 価格:1000
この本を購入する

 アスコムからの内容紹介

 

「私たちは、今までの経済理論では説明のつかない、
400年に一度の大転換期に直面しているのだ!」



「ミスター円」と呼ばれ、通貨を誰よりも熟知している、
元財務官僚が、混迷する世界経済の行方をズバリ、
読み解いた!

「この大不況は、これから10年つづく?」
「1ドル60円台時代が到来する?」
「〈不況の正体〉はこれだ!」


この一冊で、日本の将来がわかる!
日本の大問題が今すぐわかる!!
「ミスター円」がわかりやすく解説、
日本経済【最新】入門!!

◎アメリカ、ヨーロッパは「失われた10年」に突入した!
◎中国・インド経済が世界の中心で“繁栄”を叫ぶ!?
◎ズバリ、2050年の経済大国はどこか?
◎「1ドル70円」時代で、どうなる? 日本経済
◎“危機的な状況”1ドル60円台突入の可能性も
◎日本の選択「榊原プラン」
◎ピンチをチャンスに変える!「世界同時不況」時代の生き方

 

 著者プロフィール  

榊原英資(さかきばら・えいすけ)

1941年、東京都生まれ。東京大学経済学部卒業。大蔵省入省後、ミシガン大学で経済学博士号取得。IMFエコノミスト、ハーバード大学客員準教授、大蔵省国際金融局長、同財務官を歴任。97年~99年財務官を務め、「ミスター円」の異名をとる。現在、青山学院大学教授、財団法人インド経済研究所理事長。2004年より高校生向けの合宿研修会「日本の次世代リーダー養成塾」を定期的に開き、日本の将来を担う人材の育成にも携わっている。

 目次  

第1章 世界同時不況がすでに始っている!
第2章 アメリカ、ヨーロッパは「失われた10年」に突入した!
第3章 中国・インド経済が世界の中心で“繁栄”を叫ぶ!?
第4章 「1ドル70円」時代で、どうなる? 日本経済
第5章 日本の選択「榊原プラン」
第6章 ピンチをチャンスに変える! 「世界同時不況」時代の生き方

 

 抜粋  

私は、アメリカでかつてない長期の大不況が始ったと
考えています。この大不況は、ヨーロッパや日本経済にも
深刻な影響を及ぼし始めています。
だから「世界同時不況」が始ったと見るべきだ、
というのが私の認識です。

確かに世界金融危機で各国の経済は大きく落ち込んだものの、
懸念されていた1929年の世界大恐慌のような大破局はなかった。
だから、世界経済はゆっくり回復しつつある、
と思うかもしれません。

しかし、一時的に上向いたり下向いたりする小状況を含む、
世界同時不況という大状況が始ったと考えるべきです。
これが続く期間は、少なくとも3~4年、おそらくは10年か、
さらに長いでしょう。

 

戻る