病気にならない! たまねぎ氷健康法

 村上 祥子
 発売日:2012年10月24日
 ISBN:978-4-7762-0756-6
 価格:1260
この本を購入する

 アスコムからの内容紹介

 

■メディアで話題のケラセチンのパワーで
血管年齢10~20歳若返る!

■1週間たった100円!
作りおきができて、
いつものメニューに入れるだけ!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人気料理家で管理栄養士の
村上祥子先生が
安くて、手軽にできて、ヘルシーになれる
タマネギ氷を開発しました。

タマネギ氷はとっても便利。
みそ汁、ハンバーグ、カレー、牛乳、
ヨーグルト、ごはん、スープなどなど、
いつものメニューに入れるだけで
料理がおいしくなって、健康効果がアップします。

・糖尿病
・高血圧
・肥満
・便秘・肌荒れ
・冷え性
・疲れ・ストレス

など、症状に悩む人は
ぜひ、一度お試しください。

 

 著者プロフィール  

著者:村上祥子 (むらかみ・さちこ)

料理研究家。管理栄養士。母校、福岡女子大学で栄養指導実習講座を15年担当。治療食の開発で、油控えめでも一人分でも短時間においしく調理できる電子レンジの特徴に着目。以来、研鑽を重ね、電子レンジ調理の第一人者となる。糖尿病、生活習慣病予防改善のための栄養バランスのよい、カロリー控えめのレシピ、簡単にできる一人分レシピ、日本型食生活を子どものうちから身につけるための三歳児のミニシェフクラブのテキスト、保育所、幼稚園、小学校の食育出前授業など、あらゆるジャンルに電子レンジテクを活用。日本栄養士会主催の特別保健指導にも、講師として参加する。「ちゃんと食べてちゃんと生きる」をモットーに、日本国内はもとより、ヨーロッパ、アメリカ、中国、タイ、マレーシアなどでも、「食べ力(ぢから)」をつけることへの提案と、実践的食育指導に情熱を注ぐ。自称、空飛ぶ料理研究家。電子レンジ発酵パンの開発者であり、バナナ黒酢の生みの親。食べることで体調がよくなるタマネギの機能性に着目。タマネギ氷を開発し、注目を集めている。これまでに出版した著書は260冊540万部にのぼる。

 

監修者:周東寛 (しゅうとう・ひろし)

南越谷健身会クリニック院長。医学博士。<br> 1978年昭和大学医学部卒。1986年に駅ビル医院「せんげん台」を開院。1990年医療法人健身会設立、理事長に就任。2003年南越谷健身会クリニックを開院し、2008年院長に就任。2012年に獨協医科大学越谷病院糖尿病内分泌・血液内科非常勤講師。日本内科学会認定医、日本東洋医学会専門医等をはじめ各学会の専門医、指導医を取得。学生時代から西洋医学、東洋医学を併合した医療の研究をすすめ、病気の早期発見、早期対応による発症予防医学の重要性を提唱。心身医学療法も行い、トータルヘルスの確立に努めている。『糖尿病・高血圧・脂肪太りぜんぶよくなるタマネギBOOK』(芸文社)を監修するなど、たまねぎの健康効果の研究の第一人者としても知られる。『病気にならない食事法』(講談社)、、『Dr.周東が語る平成「養生訓」』(アイシーアイ出版)など著書多数。

 

 目次  

 

 抜粋  

 

 

 

 

 

 

 

 

戻る
 
Copyright(C)2004 Ascom Inc. All rights reserved.