株式会社アスコム

  • ホーム
  • 書籍一覧
  • 読むだけでお金の増やし方が身につく 京都かけだし信金マンの事件簿

書籍一覧

書籍一覧

読むだけでお金の増やし方が身につく 京都かけだし信金マンの事件簿

読むだけでお金の増やし方が身につく 京都かけだし信金マンの事件簿
菅井敏之
発売日:2017年4月21日
ISBN:978-4-7762-0935-5
価格:1500円(税別)

ネット書店で購入する

  • 購入

アスコムからの内容紹介

シリーズ累計45万部突破!
『お金が貯まるのは、どっち?』の著者がおくる
「お金」のエンタメビジネス小説。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本小説は私が銀行員時代に体験した
エピソードを中心に執筆したものです。

銀行員時代に実際に出会ったお金持ちに学んだこと。
融資やローンを申し込むお客様に対する銀行の考え方。
銀行をうまく利用してお金持ちになった人々の実例。

銀行支店長でなければわからなかった
「お金の裏話」をふんだんに盛り込みました。

ぜひ、登場人物をご自身に置き換えて、読んでみてください。
きっと本当の「お金の増やし方」が身につくはずです

菅井敏之
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

舞台は、桜さく京都。
物語は高野川近くの社員寮から始まった。

長年の取引先を次々と失う洛中信用金庫。
メガバンクの功名な罠にはまり、貸し剥がしにあう老舗商店ーー。

人々の夢と希望と「お金」を奪う
メガバンクの策謀がうずまく京都の町を、
かけだし信金マン・和久井健太が駆け巡る!

読むだけで
お金の増やし方が身につく
一発逆転の
痛快マネー小説!!!

著者プロフィール

菅井 敏之(すがい としゆき)

1960年生まれ。学習院大学卒業後、
1983年、三井銀行(現・三井住友銀行)に入行。
個人・法人取引、およびプロジェクトファイナンス事業に従事する。2003年に金沢八景支店長(横浜)に、2005年には中野支店長(東京)に就任。

48才のときに銀行を退職。その後、起業し、アパート経営に力を入れる。6棟(約75室)のオーナーとして、年間7000万円の不動産収入がある。また2012年には、東京の田園調布に『SUGER COFFEE』をオープンし、人気のカフェとなった。

銀行支店長時代に、数多くの資産家と出会い、
将来に不安を抱えている資産家と、人生を楽しく謳歌している資産家の違いは「金の卵を産むニワトリ」を持っているか、いないかだと気がつく。

銀行員としてのお金を「貸す側」、不動産投資家としてのお金を「借りる側」、どちらの視点も持っていることで、大きな資産を築くことに成功。

資産形成のための銀行の活用法や住宅、保険の選択方法には定評があり、講演やセミナーでも一躍人気講師になった。

初の著書『お金が貯まるのは、どっち!?』(アスコム刊)は、40万部を超えるベストセラーとなり、各書店でビジネス書ランキングの第1位に輝くなど、注目を集めた。その後、『家族のお金が増えるのは、どっち!?』『金の卵を産むニワトリを持ちなさい』(アスコム刊)を出版。テレビ、ラジオの出演も多数。


お金総合研究所

菅井敏之を中心に、最先端の金融事情を知る金融マンやメディア関係者、編集者などで組織されたクリエイター集団。