株式会社アスコム

書籍一覧

書籍一覧

「夫の介護」が教えてくれたこと

「夫の介護」が教えてくれたこと
川村 隆枝
発売日:2018年4月13日
ISBN:978-4-7762-0989-8
価格:1300円(税別)

ネット書店で購入する

  • 購入

アスコムからの内容紹介

今、あなたにパートナーが
いるのであれば、その人を
本当に大切にしていると言い切れますか。

特に、長年寄り添ったパートナーで
あればあるほど、その大切さに
気づくことなく過ごしているのではありませんか。

ある日、突然、パートナーが倒れて
動けなくなる。もしも、あなたの
身にそんな事態が降りかかってきたら、
あなたなら、どうしますか。

現役医師でありエッセイストでもある
著者・川村隆枝の夫は、
2013年に脳出血で倒れて
半身不随になりました。
以降、川村夫妻は介護生活を
余儀なくされました。

今までは、自立した大人の夫婦として
それぞれの暮らしを大切してきた
川村夫妻は、倒れてから
強制的に時間を共にすることになります。

介護生活は過酷で
夫は動けない、上手く喋れないだけでなく
・ヘルパーさんに感情的になる
・精神的に不安定になり意味の分からないことを喋り出す
・夜中に突然警察を呼び出す
など、予想だにしなかった
苦労が襲いかかってきます。

泣きたくなる日々の連続だけど
濃密な時間を過ごすなかで
著者は、徐々に忘れかけていた
夫への愛情を思い出していきます。

「今日、あなたが生きている。
それだけで、こんなに幸せだったことに
なぜ、今まで気づかなかったんだろう」

パートナーがそばにいることは
当たり前ではありません。
たとえ、お互いが空気のような
存在になっていたとしても
空気がなかったら生きてはいけない。
それが、夫婦というものかもしれません。

その大切さに、介護という過酷な
生活を経たからこそ気づけた。
読むと、勇気と希望が沸いてくる
夫婦愛の物語です。

著者プロフィール

川村 隆枝(かわむら・たかえ)

1949年、島根県出雲市生まれ。東京女子医大卒。
同医大産婦人科医局入局。
1974年に夫の郷里の岩手医科大学麻酔学教室入局、同医大付属循環器医療センター麻酔科准教授。
2005年から(独法)国立病院機構仙台医療センター麻酔科医長、手術管理部長、ICU統括。
日本麻酔学会広報委員。