本書のご案内

老眼、近視、ドライアイ、眼の疲れ、そして近ごろ急増しているスマホ老眼……。
人類史上、私たちは過去に類を見ないほどに目を酷使しています。
「目の悩み」は放っておくと生活の質を落とすどころか失明にもつながります。
そこで、目の悩みを解消すべく「なぜ、アフリカの人たちは目がよいのか?」にヒントを得て
本書は誕生しました。

「目がよくなるためのポイント」はこの2つ!
● 目の奥の〝ピントを合わせる筋肉〟をきたえられる。
●〝脳内視力〟をきたえられる。

本書は、最先端医療に携わる「目の専門医」が開発した、忙しい人も、ズボラな人も、目の悩みが心地よく解消できる楽しくてカンタンな視力回復トレーニングです!

 


 

 
 

その驚きの効果が口コミで広まり、 39万部突破の大ベストセラーとなった
『1日1分見るだけで目がよくなる28のすごい写真』の第2弾!!
が 最新のメソッドを入れて、ついに登場!!

今回は写真を切って離せるように!
写真を切り離して、リビング、職場など、 よくいく場所に貼れば、
・いつでもどこでも、ちょっとした時間で楽しめる
・ぱっと目につくことで、忘れにくくなる といったメリットが!!
そのほか、白内障や緑内障、加齢黄斑変性にきく写真など、 第1弾にはなかった写真も多く掲載しています。

 

 

 
 
著者プロフィール

   Photo: Naomi Kawakami

著者 林田 康隆  はやしだ やすたか

 
医学博士、日本眼科学会認定眼科専門医。
医療法人社団康梓会Y'sサイエンスクリニック広尾 理事長・院長。
大阪大学大学院医学系研究科博士課程修了。 大阪大学大学院および米国フロリダ州マイアミ・オキュラーサーフェスセンターにて、 眼表面の幹細胞研究に携わった再生医療のスペシャリスト。
現在は、大阪で難治性白内障手術や網膜硝子体手術などに取り組む傍ら、 「目の大切さ」を知ってほしいという思いから、実姉の日比野佐和子医師とともに数多くの書籍を出版。 『日めくり まいにち、眼トレ』(扶桑社)はベストセラー。
さらに、2017年に著者として出版した『1日1分見るだけで目がよくなる28のすごい写真』(アスコム)は、39万部を超えるベストセラーに。
また東京では、日比野佐和子医師とともに、最先端のアンチエージング医療にも取り組んでいる。

   

   

特典ダウンロード