株式会社アスコム

  • ホーム
  • 書籍一覧
  • 元コミュ障アナウンサーが考案した 会話がしんどい人のための話し方・聞き方の教科書

書籍一覧

書籍一覧

元コミュ障アナウンサーが考案した 会話がしんどい人のための話し方・聞き方の教科書

元コミュ障アナウンサーが考案した 会話がしんどい人のための話し方・聞き方の教科書
吉田尚記
発売日:2020年8月22日
ISBN:978-4-7762-1077-1
価格:1,500円(税別)

ネット書店で購入する

  • 購入

アスコムからの内容紹介

poster_978-4-7762-1077-1.jpg



元・コミュ障で
ゲストから「絡みにくいアナウンサー」と言われていた
著者が自身の経験から編み出した
超・初心者向けの会話術。

【「やってみた」体験談も多数掲載!元・コミュ障の著者による、本当に使える&一番やさしいコミュニケーションの教科書!】
「30秒の会話もつらい」「うまく話せなくて気まずい」「人と話すのが怖い」
そんな、しんどい気持ちをお持ちの方に読んでいただきたい、一番やさしい会話術の本ができました。

【元・コミュ障×コミュニケーション専門家×現・コミュ障メンバーによる、今までにない本】
著者のニッポン放送アナウンサー・吉田尚記さんは、元・コミュ障。入社したばかりの頃は、うまくコミュニケーションを取ることができず、ゲストからも「絡みにくいアナウンサー」といわれてしまうなど、失敗の連続でした。

そんな著者が試行錯誤しながら20年かけて編み出した会話術を、コミュニケーションに関する専門家3名が学術的に検証。
アドラー心理学、談話分析、脳科学など、専門的な見地から「話し方・聞き方のコツ」をお伝えします。

そして本書の制作のために集まってくれた、コミュニケーションに悩んでいる約30名のメンバーと著者、専門家が1つのチームとなり、「どんなことに悩んでいるか」「どうすれば解決ができるか」を話し合い、実践しながら作り上げたのが本書です。

【誰でもすぐに使える超・初心者向けの「会話の武器」が満載】
本書には、制作メンバーから挙げられた「リアルなコミュニケーションの悩み」を解決するための「会話の武器」が24個掲載されています。
「初対面の人とうまく話せない」「1対1で話すのが怖い」「仕事なら話せるけど、雑談ができない」「美容院での会話が苦手」など、具体的な悩みにすぐに使える「武器」ばかりです。

【リアルな実践例「やってみた」も多数収録】
本書の後半には、「武器」を実際の会話で「使ってみた」実践例も掲載。

「これまでは話しかけないでオーラを出してしまっていた美容院で、美容師さんと楽しく会話をすることができた」

「雑談が苦手で職場の同僚との会話も途切れがちだったが、話の輪に加われるようになり職場の居心地もよくなった」

本書の「武器」を使ってみたことで、前よりも会話が楽しくなった、少し楽に話せるようになったなど、勇気を持って一歩踏み出せたという声をたくさんいただきました。

話し方・聞き方のコツを身に着けることで、より前向きに、楽しく誰かと接することができるようになれば、周りの世界や人生の可能性も大きく広がっていくはずです。


【絶賛の声、続々】


☆数土直志さん(ジャーナリスト)
「人前で話すのは得意だけど、実は会話は苦手」。ちょっと変なのかなと思っていたら、驚くほど自分にぴったりな話ばかりでした。サクサクと解答もついて、これは便利!ありがたい本です!


☆笹公人さん(歌人)
本当に凄い本です!この本を読んで救われる人がたくさん出てくるはず。心からお勧めいたします!


☆岡田ロビン翔子さん(ラジオパーソナリティ)
アイドル時代よりも色んな方と話すことが増え、その分悩みも増えましたが、「相手の空白に興味を持つ」「知らないことは恥ずかしいことじゃない!むしろチャンス!」と、吉田さんのおかげで話すことについて前向きになれた気がします笑
本音をいえばもっと早くこの武器を手に入れたかったーーーーと思いましたが、この本を読んでたくさんの武器を手に入れたので早速今日から実践しようと思います。今まで意識しなかったことをほんのちょっと意識することで話すことが楽しくなる魔法の本でした。


☆斉藤壮馬さん(声優)
具体的なテクニックとその実践例が提示されているので、「塩少々ってどんくらいだよ」的なモヤモヤ感がなくてとても親切な本だと思いました!
もちろんこれはベースとなる武器なわけですから、ここからさまざまな応用が必要なわけですけど、丸腰でフィールドに出なくてもいいという安心感はものすごく大切ですよね。それこそ、学校に意味を見いだせない若い方とかにもぜひ読んでほしい本だと思いました。

著者プロフィール

吉田尚記(よしだ・ひさのり)

1975年、東京都生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。

ニッポン放送アナウンサー。

ラジオ番組でのパーソナリティのほか、テレビ番組やイベントでの司会進行など幅広く活躍。

またマンガ、アニメ、アイドル、デジタル関係に精通し、「マンガ大賞」発起人となるなど、アナウンサーの枠にとらわれず活動を続けている。

2012年に第49回ギャラクシー賞DJパーソナリティ賞受賞。

著書に『なぜ、この人と話をすると楽になるのか』(太田出版)、『あなたの不安を解消する方法がここに書いてあります。』(河出書房新社)など。

Twitterアカウント @yoshidahisanori

目次

○第1章 「会話がしんどい」から卒業したいあなたへ
・そもそも「コミュ障」って何?
・コミュニケーションは面倒くさい
・面倒くさいと達成感はセットになっている
・一歩踏み出すために必要な「武器」…他

○第2章 私たちは何のために会話をするのか
・ムダ話は人間関係の根本だ
・会話はオチがないから面白い
・「システム脳」と「共感脳」の会話がかみ合わないワケ
・どんな相手にも面白いエピソードが眠っている…他

○第3章 今日から使える!会話がしんどくなくなる話し方・聞き方の武器24
・最強の相づち「えっ!?」「あっ!」を駆使する
・「先入観」や「勝手なイメージ」をぶつけてみる
・自分の「話したいこと」「得意なこと」から話し始めよう
・魔法の言葉「HOW」を活用しよう!…他

○番外編 オンラインコミュニケーションのコツ

○第4章 「怖い」を乗り越えた先にあるもの
・自分の常識を提示することの怖さ
・「伝える」と「伝わる」の大きな違い
・SNSのコミュニケーションが残念な理由とは
・「おかしな自分」をさらす勇気を持とう…他