株式会社アスコム

  • ホーム
  • 書籍一覧
  • 70歳の新人施設長が見た 介護施設で本当にあったとても素敵な話

書籍一覧

書籍一覧

70歳の新人施設長が見た 介護施設で本当にあったとても素敵な話

70歳の新人施設長が見た 介護施設で本当にあったとても素敵な話
川村隆枝
発売日:2020年10月15日
ISBN:978-4-7762-1107-5
価格:1300円(税別)

ネット書店で購入する

  • 購入

アスコムからの内容紹介

「自分の親を介護施設に入れて大丈夫?」
そんな心配を持つ人々にに教えたい、
介護施設で本当にあった心温まるエピソードの数々


この本は、これまで介護の仕事に従事したことのない
「新人」の著者が、70歳にして老人介護施設の
施設長に就任した経験を基に書かれたエッセイです。


みなさんは老人介護施設にどんなイメージをお持ちですか?
どちらかといえば、ネガティブな印象がある方も多いでしょう。

例えば
寝たきりのお年寄り、徘徊する認知症の入所者、トラブルの数々。。。

自分の親を入所させるにしても、ちょっと躊躇しますよね。
本当に預けていいのか。
親の面倒を施設側に一任することに罪の意識を覚えることも
あるかもしれません。

けど「本当」の老人介護施設がどんな場所かご存知でしょうか。
マスコミの報道などで、悲惨な部分だけが切り取られた
イメージだけで判断していませんか。

著者で医師の川村隆枝さんは自らの経験を基に
「介護施設は姥捨て山ではありません」と断言します。

川村さんが実際に見た介護施設は
スタッフが親身になって入居したお年寄りの
面倒を見る、とても「素敵な」場所でした。

●コロナで中止になった街のお祭りの代わりに、スタッフが
 急遽施設内でお年寄りのためのお祭りを開催
●車いすでお出かけできるお年寄りならば、お花見や
 雪見、海などの行事がある
●イライラしやすくなったお年寄りのために
 その人が若い頃大好きだった音楽を用意して
 気持ちを慰めてあげる
●認知症で栄養チューブを自分で抜き取ってしまう
 人のために、手袋を用意。その手袋の5本の指には
 小さなぬいぐるみがついている。

といった、細やかで、思いやりのある
ケアが行われています。
もちろん、辛いことも大変なことも時にはありますが
それを上回るあたたかい時間が流れているのが
介護施設の「本当の姿」でした。

川村さんは「介護施設は入所者にとって楽園」と言います。

ぜひ、あなたも、このエッセイを通じて
介護施設の本当に素敵な姿に、触れてみていはいかがでしょうか。

そして、70歳にして新しいチャレンジを始めた
川村さんの前向きでハツラツとした生き方に
勇気をもらう方もいると思います。

「70代だからこそ、豊富な人生経験と
磨きあげた知力を発揮できる場はたくさんある」
川村さんは語ります。

年齢を重ね、仕事の第一線から退きつつある方でも
新たなフィールドで活躍できる可能性は無限大。
この本は、これからを生きるシニアの方の
人生の羅針盤にもなり得ることでしょう。

著者プロフィール

川村隆枝
1949年、島根県出雲市生まれ。東京女子医科大学卒。同医大産婦人科医局入局。
1974年に夫の郷里の岩手医科大学麻酔学教室入局、同医大付属循環器医療センター麻酔科准教授。
2005年(独法)国立病院機構仙台医療センター麻酔科部長。
2019年より、岩手県滝沢市にある「老人介護保険施設 老健たきざわ」施設長に就任。