株式会社アスコム

書籍一覧

書籍一覧

長生きでも脳が老けない人の習慣

長生きでも脳が老けない人の習慣
角谷建耀知
発売日:2021年3月20日
ISBN:978-4-7762-1122-8
価格:1400円(税別)

ネット書店で購入する

  • 購入

アスコムからの内容紹介

978-4-7762-1122-8_1.jpg

978-4-7762-1122-8_2.jpg

978-4-7762-1122-8_3.jpg

978-4-7762-1122-8_4.jpg

978-4-7762-1122-8_5.jpg


「もの忘れが増えたかも」

「ちょっとしたことでイライラしてしまう」

「料理の味付けが変わった気がする」

...あなたや家族にこんな悩みがあったら、

MCI(軽度認知障害)かもしれません!




でも安心してください!

MCIに気がついて、しっかり対処すれば

脳の機能低下はまだ食い止めるチャンスがあります。



最新研究でわかった認知症から逃げ切る方法!

・2週間に1回の化粧が認知症を抑制

・体温を上げると脳のゴミが溜まりにくくなる

・23時以降に寝る人は認知症リスクが高い

・「ロスマリン酸」が脳のゴミ出し機能を高める

・カレーがアルツハイマーを遠ざける

・ 「1日2杯の緑茶」「1日3杯のコーヒー」が脳に効く

・ 糖尿病患者の認知症リスクは4.6倍

・ パズルより「ながら作業」が脳の刺激になる

・患者の「子ども扱い」は逆効果

...etc.





<4人の専門家が監修>

阿部 康二 (岡山大学脳神経内科 教授)

1981年東北大学医学部卒業。1987年東北大学神経内科大学院修了(医学博士)。1988年米国ハーバード大学神経内科学教室留学。内科学会認定内科指導医、内科学会認定医、神経学会理事・専門医、脳卒中学会幹事・専門医、認知症学会専門医、世界脳循環代謝学会理事長。NHK「きょうの健康」など出演。



森下 竜一 (大阪大学大学院臨床遺伝子治療学寄附講座 教授)

1962年生まれ。阪大医学部卒。2002年自ら創業したバイオベンチャー「アンジェス」を上場。阪大大学院遺伝子治療学教授を経て、内閣官房健康・医療戦略室参与、前内閣府規制改革推進会議委員。



古和 久朋 (神戸大学大学院保健学研究科 教授)

1970年東京都生まれ。95年東京大医学部卒。2004年3月、同大大学院修了。同大学病院で認知症専門外来を立ち上げ、10年に神戸大へ。神戸大医学部付属病院の専門外来「メモリークリニック」で認知症専門医として診療に携わる。



河田 康志 (鳥取大学工学部生物応用工学科 教授)

1985年大阪大学大学院理学研究科博士課程修了、理学博士。1985年大阪大学理学部生物学科教務職員。1988年京都大学理学部化学科助手。1992年鳥取大学工学部生物応用工学科助教授。2000年鳥取大学工学部生物応用工学科教授、現在に至る。

著者プロフィール

角谷建耀知
株式会社わかさ生活 代表取締役社長。

18歳の時、脳腫瘍の大手術を受け、命と引き換えに視野の半分を失う。
自身の経験から、自分のように目で困っている人の役に立ちたいとの想いで、1998年に株式会社わかさ生活を創業。
著書に『花鈴のマウンド』や『女子高生と魔法のノート』があり、現在は健康雑誌『若々』も発刊中。

目次

●序章:意外と知らない? 認知症の基礎を知ろう

【認知症の基本①】「脳の老化=認知症」ではない

【認知症の基本②】「もの忘れ」と「認知症」の違い

【認知症の基本③】患者の9割が三大認知症

【認知症の基本④】認知症は中核症状から周辺症状へ拡大していく

【認知症の基本⑤】日本の認知症患者は増える一方

【認知症の基本⑥】認知症は予防可能な生活習慣病

【認知症の基本⑦】予防のポイントはMCIの早期発見

【認知症の基本⑧】見逃すな! MCIのサイン

【認知症の基本⑨】家族の精神的負担が大きい



●第1章:脳の健康は家族との幸せな将来のために





●第2章:科学的に正しい認知症対策





●第3章:認知症予防の最前線





●第4章:あなたはどっち? 認知症に近づく生活・遠ざける生活

おしゃれをするorすっぴんでいる

新しい店に行くorなじみの店に行く

料理をつくるor料理を食べる

よく笑うorよく泣く

分からないことは人に聞くorなんでもスマホで検索

日記を書くor本を読む

買い物が好きor節約が好き

ほどよく投資派orコツコツ預金派

歯みがきとフロスor歯みがきだけ

徹夜も辞さない夜型or徹夜回避の朝型

老眼鏡に頼るorなるべく裸眼ですごす

ウォーキングor社交ダンス

電話で話すorビデオ通話で話す

お風呂派orシャワー派

ドラマは録画して「一気見」orドラマはリアルタイムで毎週見る



●第5章:専門医がオススメ! お家でできるエクササイズ

基本の「週一×7・5メッツ運動」

誰かと一緒に「ペアウォーキング」

お家でできる「コグニサイズ」

生活のついでにできる「ながらサイズ」

脳の血流を増やす「思い出トーク」

認知機能を向上させる「アニマルセラピー」

鳴らすだけ「楽器セラピー」



●第6章:最新研究でわかった! 科学的に正しい脳を守る食事法

予防効果の高い3つの食事法とは

気をつけたい糖化とコレステロール

認知症を予防する5つの食材

認知症を食から予防する最終兵器、サプリメント

脳細胞を酸化ストレスから守るポリフェノール

インドではアルツハイマー病の発症率が低い⁈

アミロイドβ、タウの凝集を抑制する「ロスマリン酸」

ロスマリン酸には脳の老化を防ぐ効果もある





●第7章:それでも家族が認知症になってしまったら