株式会社アスコム

書籍一覧

書籍一覧

妖怪のたおしかた

妖怪のたおしかた
小松和彦(監修者)
発売日:2021年3月20日
ISBN:978-4-7762-1124-2
価格:1200円(税別)

ネット書店で購入する

  • 購入

アスコムからの内容紹介

9784776211242.PT01.jpg

9784776211242.PT02.jpg

9784776211242.PT03.jpg

9784776211242.PT04.jpg


妖怪は怖いだけではありません。危険な妖怪もいるけれど、イタズラ好きだったり、仲よくなれる妖怪もいます。そして、多くの妖怪には弱点があります。それさえ知っていれば、山のように大きな妖怪をやっつけたり、逆に気のいい妖怪とは友だちになれるかも。そんな妖怪の弱点を、この本では「たおしかた」として紹介しています。



● この本の5つの特徴!

特徴① 妖怪の弱点がとにかくおもしろい!

嫌いなものがあったり、ある呪文に弱かったり、無視されるとシュンとなったり、妖怪の弱点が、とにかくおもしろい! この妖怪に出会ったらこうしようと考え、創造力と想像力を育むことができます。



・ 河童の腕は引っぱると抜ける

・ 天狗はサバがきらい

・ ぬりかべは下を払うと消える

・ かいなではウンコの前の呪文で封じ込める

・ ひとつ目小僧は竹カゴを見るとふるえあがる

・ のっぺらぼうは驚かないと張りあいをなくす

・ べとべとさんは「先へお越し」というと追い抜いてくれる



など、全69妖怪の弱点を紹介!





特徴② 47都道府県の出没する妖怪を紹介!

日本は3000以上の妖怪がいる妖怪天国。あなたのそばにもきっといます。まずは、自分の住む地域、そして親戚や、おじいいちゃんおばあちゃんがいる場所の妖怪を知ることで、妖怪に親しみが持てます!



特徴③ 子どもがイメージしやすい妖怪イラスト!

子どもたちが弱点をついて、見事に妖怪をたおしている絵をすべての妖怪に付けています。屈指の妖怪絵師・なんばきびさんの手によって、怖さの中に、どこかとぼけた味わいのある世界観が描かれました。



特徴④ 大人も楽しめる妖怪知識が満載!

弱点だけでなく、現れやすい場所、時期、人間との関係性なども詳しく紹介。伝承など豆知識も豊富で、 大人も一緒に楽しめます。豆腐小僧のパパは見越し入道説があるなんて、知ってました?



特徴⑤ 子どもたちが考えたオリジナル妖怪をイラスト化!

子育てサイト「未来へいこーよ」とコラボし、子どもたちからオリジナル妖怪を募集。その中のいくつかを、なんばきびさんがイラスト化して紹介しています。この本を読むことで、子どもたちが自分だけの妖怪を考えるきっかけになります!



特徴⑥ 親子で楽しい妖怪かるた付き!

巻末には、豪華な妖怪かるた付き! 読み札・取り札、すべての札に妖怪のたおしかたが書いてあるので、取った札の答え合わせをして、親子で、兄弟で、おじいちゃんおばあちゃんと、みんなで楽しめます!

著者プロフィール

小松和彦(監修者)
1947年東京都生まれ。

民俗学・文化人類学者、国際日本文化研究センター名誉教授。
東京都立大学大学院社会科学研究科博士課程修了。
専攻は文化人類学・民俗学。信州大学助教授、大阪大学教授、国際日本文化研究センター教授、同センター所長を歴任。
日本の歴史・文化の周縁に姿をくらます鬼・異人・妖怪などを手がかりに、日本人の心の奥底に潜むものを探る研究を続ける。
2013年紫綬褒章受章、2016年文化功労者、2020年瑞宝重光章を受賞。
著書に『妖怪文化入門』(角川ソフィア文庫)、『知識ゼロからの妖怪入門』(幻冬舎)、『日本妖怪異聞録』(講談社学術文庫)など多数。