株式会社アスコム

書籍一覧

書籍一覧

こんな時代だからこそ学びたい 松下幸之助の神言葉50

こんな時代だからこそ学びたい 松下幸之助の神言葉50
江口克彦
発売日:2021年10月23日
ISBN:978-4-7762-1176-1
価格:1300円(税別)

ネット書店で購入する

  • 購入

アスコムからの内容紹介

「経営の神様」と呼ばれた松下幸之助。
その側で、23年間にわたり仕事に携わってきた
著者の経験から学んだ経営の厳しさと妙味。
松下翁からの聞き書きの形を借り、いまの時代だからこそ
聞きたい「経営のコツ」を問わず語る。


************
この書は「如是我聞」であります。
「かくの如くに、われ聞けり」であります。
申し上げるまでもありませんが、
本書はその経営者が自身で書いたものでも、
また語ったものをそのまま綴ったものでもありません。
その時々に私に語ってくれたことを、
私なりに聞き理解した内容を、自分なりの解釈で、
その経営者が問わず語りで思いつくままに
話を展開しているような設定でまとめたものであります。
でありますから、本書は私個人の経営論とも
申すべきものでありましょう。
それだけに意の、必ずしも尽くしきれていないところ、
前後しているところ、咀嚼足らざるところも多々ありますが、
ご賢察頂ければ幸甚であります。

著者プロフィール

江口克彦(えぐち・かつひこ)
一般財団法人東アジア情勢研究会理事長、台北駐日経済文化代表処顧問等。
1940年名古屋市生まれ。愛知県立瑞陵高校、慶應義塾大学法学部政治学科卒。政治学士、経済博士(中央大学)。旭日中綬章、文化庁長官表彰、台湾・紫色大綬景星勲章、台湾・国際報道文化賞等。
故・松下幸之助氏の直弟子とも側近とも言われている。23年間、ほとんど毎日、毎晩、松下氏と語り合い、直接、指導を受けた松下幸之助思想の伝承者であり、継承者。松下氏の言葉を伝えるだけでなく、その心を伝える講演、著作は定評がある。現在も講演に執筆に精力的に活動。
参議院議員、PHP総合研究所社長、松下電器産業株式会社理事、内閣官房道州制ビジョン懇談会座長など歴任。
著書に、『最後の弟子が松下幸之助から学んだ経営の鉄則』(フォレスト出版)、『凡々たる非凡―松下幸之助とは何か』(H&I出版社)、『松下幸之助はなぜ成功したのか』『ひとことの力―松下幸之助の言葉』『部下論』『上司力20』(以上、東洋経済新報社)、『地域主権型道州制の総合研究』(中央大学出版部)、『こうすれば日本は良くなる』(自由国民社)など多数。【編集部記】 

目次

冷静な判断、そして、情を添える
夢を求めて生きる
明確な方針をうちだす
命をかけて方針を決める
考え抜いて、使命感を持つ
聞く心を持つ
水道哲学を堅持する
個性を発揮させる
ひとつの物差しだけで考えない
部下の話に耳を傾ける
まず働くことの大切さを知る
心を許して遊ばない
熱意が成功をもたらす
自然の理法を生成発展ととらえる
自然の理法に従う
責任者には三つの責任がある
権威を保つ
部下はその本質をほめて育てる
自分は凡人であると思う
時代に合った事業をする
ガラス張りの経営をする
公に尽くす心を求める
とにかく訴える
朝会の効果を知る
目に見える要因と見えない要因を考慮する
自然の理法を判断基準にする
素直である
宇宙根源の力を認識する
人間は偉大な存在だと考える
人間観を持つ
人間のための政治を求める
日本を、無税国家にする
日本としての方針、国是をつくる
新しい政治家を育てる
明日から今日を考える
叱り叱られのコツを知る
運が九〇パーセントと知る
努力が大事である
決断は正しく速くする
経営者は迅速である
誠実である
一商人としての心がけを持つ
会社の中に不安定な部分を創る
聞き役を持つ
直言をしてくれる人を大事にする
後継者は謙虚であれ
衆知を集める
主座を保つ
和を尊ぶ
反省と感謝を忘れない