面倒なお願いでも、気持ちよく相手に届く伝え方は? 人を動かす伝え方50の法則

ネット書店で購入する

購入
ビジネス・自己啓発・経済

面倒なお願いでも、気持ちよく相手に届く伝え方は? 人を動かす伝え方50の法則

著者・編者川上徹也

発売日2022年11月11日

ISBN978-4-7762-1242-3

価格1400円(税別)

アスコムからの内容紹介

ハーバードやスタンフォードなど世界の研究から「人を動かす」伝え方の法則を厳選。
どんな場面でも、ストレスなく伝えられるコツが詰まった1冊です。

伝えるのをためらったことがある、すべての人へ。
あなたには、こんな経験がないでしょうか。
「3日待っても、メールの返事が来ない。」
・・・・・なぜだろう。

内容が悪かった?
失礼があって怒らせた?
もしかして、送信できてなかった?
ほんとうにもしかしたら、海外旅行に行ったのかも...。

もう1通送ろうか、電話をかけようか。あと1日だけ待ってみるか...。
そう悩んでいるうちに、時間が過ぎていく。

相手から期待した反応が得られないとき、つい、自分の「言ったこと」や「考えたこと」に問題があると思ってしまうかもしれません。

でもそれは、たいていの場合、「伝え方」に問題があると言ったら、どうでしょうか。

他にも、こんなシチュエーションはありませんか?

・締め切り間近でヒヤヒヤするけど、催促していいだろうか...
・2つの案まで絞られたのに、相手がなかなか決断してくれない...
・お願いしたいけれど、忙しそうで話しかけづらい...
・初対面で緊張してしまって、うまく自己PRできない...
・ガンコな相手で、全然話が通じない...

この本では、こんな「ちょっとした伝え方の悩み」を解決するためのコツを紹介しています。
「伝えるプロ」である著者が、世界の社会心理学や行動科学の研究から厳選し、交渉やプレゼン、商談、告知など、日常のさまざまな場面で活用できるよう、50の法則にまとめました。

きっと、あなたの役に立つはずです。
世界がグッとシンプルになる法則を、ぜひご体験ください。

著者プロフィール

川上徹也 (かわかみ・てつや)

湘南ストーリーブランディング研究所 代表/
コピーライター

大学時代、霊長類学や社会心理学の研究に没頭。世界中の論文との出会いを求めて図書館に通いつめ、狭いアパートの部屋を学術論文のコピーでいっぱいにして暮らす。

「人の心を動かす」仕事に興味を持って、広告代理店に入社。大阪支社で暗黒の営業局時代を経て、29歳で転局しCMプランナーに。しかしそこでも芽が出ず、会社を辞め何のあてもなく上京。フリーランスという名のフリーターをしながら通った広告学校の講師から、コピーライターとしての才能を見いだされ、TCC新人賞を受賞。その後、フジサンケイグループ広告大賞制作者賞、広告電通賞、ACC賞などを多数受賞する。

現在は、ブランドの魅力を物語にして伝える「ストーリーブランディング」という手法を確立し、企業や団体のマーケティング・アドバイザーとして活動。ジャンルの垣根を超えて、様々なものの魅力を伝え続けている。

『物を売るバカ』『1行バカ売れ』 (角川新書)、『ザ・殺し文句』(新潮新書)など著書多数。海外へも広く翻訳されている。

目次

●はじめに

●第1章 お願いしたい

 (相手にスルーされたくないとき/すぐ行動に移してほしいとき、など)

●第2章 説明する

 (いいニュースを伝えたいとき/切り出しにくい話をしなければいけないとき、など)

●第3章 説得したい

 (興味がない相手の関心をひきたいとき/ガンコな相手を説得したいとき、など)

●第4章 わかってほしい

 (自社の商品をアピールしたいとき/相手に忘れがたい印象を残したいとき、など)

●第5章 選んでほしい

 (できるだけたくさんの案を求められたとき/AかBで決断してもらいたいとき、など)

●第6章 提案したい、交渉したい

 (提案をすんなり受け入れてもらいたいとき/お金の交渉を有利にしたいとき、など)

●第7章 協力してほしい

 (ルールを守ってほしいとき/誰かに手を差し伸べてもらいたいとき、など)

●おわりに

本を探す